私たちがアムステルダムに行った日は大雨が降っていました

アムステルダム (Amsterdam)
アムステルダムはオランダの首都です。町中ではコーヒーショップ (Coffeeshop)と呼ばれる大麻が売られている店があります。そのせいで町のいたる所で大麻のにおいが充満しています。大雨が降っていたにもかかわらず匂いがしたのを考えると天気がいい時にアムステルダムに来ると、大麻の受動喫煙者になるのではないかととクララが心配していました。

幅が狭い建物が特徴的なオランダ

私はお土産としてチーズ、盆栽キットと黒いチューリップが咲く球根を買いました。

左がハーブとニンニクのチーズ | 右が緑色のバジルチーズ

右のチーズはもう開けました。

中が緑です、黄色い皮は食べれません

黒いチューリップの球根が入っています

(左) 芽が出るまで4から10週間かかるそうです

アムステルダムには運河が多く船で一周する事も出来ます。私たちには料金が高過ぎるので乗りませんでした。

運河ツアーの船

花市場では花以外にもサボテンも売られていました。中には見た事もない珍しい品種も売っていました。おそらく品種改良されたであろう鮮やかな色をした花を咲かせたサボテンがありました。サボテンはドイツ語でカクトゥス (Kaktus) といいます。

サボテンに咲いている花は全て本物です

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。