印刷機が壊れているから別の日に来て、と担当の人に言われて以来その人は大学に現れていません

学士 (Bachelor, ベッチュラー)
Bachelor の次にとれる称号は Master (マスター)、その次が Doktor (ドクトア)、そして最後に取得できる称号が Professor (プロフェッサー) です。

卒論 – 学士の場合 (Bachelorarbeit, ベッチュラー・アーバイト)
テーマ、ページ数等々の細かい取り決めは担当の教授が決めることが多いです。私の学科は取り潰しが決まっている小さな学科なので教授が一人しかいませんでした (元は数人いたんですが、取り潰しが決まった後に一気に居なくなりました)。そのため、助教授が学生の担当をしていました。

近況
情報学で得た知識だけでは何か足りない気がしたので、別の学科に入り直しました。同じ大学なのでスムーズに出来ました。類似の学科なら他の学科への異動は割と簡単に出来ます。そのため今は情報学の学士をもらうための資料を集めつつ医学物理学の勉強もしています。

 

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です