脱毛サロン・ビーナスは仮名なので、実在していたらゴメンなさい、全く関係ありません

コネ (Vitamin B, ビタミンベー)
漫画で書いてある通り、コネ入社がドイツではよくあります。雇う側の心情としては、働いている社員の親戚や知人なので素性が怪しくなくて安心して雇用できるといったものです。コネ = 信頼と結びつける人もいます。そのためネットワーキング (Networking, 横の繋がりのネットワークを作る事)に勤しむ人は多いです。

Vitamin B の使い方:
A: “○○さんは課長の息子らしいね”
B: “そうよ、ビタミン・ベーで入社できたのよ”

漫画に出てくる滞納の件
親会社の役員と中のいいお客さんは色々な面で優遇されています。他のお客さんならとっくに司法による支払い催促 (gesetzliche Mahnverfahren, ゲゼッツリッヘ • マーンフェアファーレン)が行われているはずなのにそれも免れています。
ちなみにうちの社長が恐れている事態は: お客さんが機嫌を損ねる -> 親会社の役員と自身のネットワークでうちの会社の悪口を言う -> 一部の界隈で営業社員が契約を取りにくくなる -> もしくは他の子会社が悪評が立った会社との連携を嫌がる
コンプライアンス的にはどうかとは思いますが、株式会社ではないので誰にもどこにも咎められていません。。。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です