ワクチン接種のデジタル証明

ワクチン接種後キャンペーンがあったので参加しました (ハンバーガーを食べました)

入場制限
ドイツでは町ごとに感染者数のカウントが行われています。ある一定の数値を超えると映画館やレストランなどに入場制限がかかります。入場から24時間前以内のコロナ陰性テスト結果かコロナ回復者である証明書か2度目の (Johnson&Johnson社であれば一度目の) コロナ予防接種から14日以上たっている証明を提出した場合のみ入場が許可されます。町ごとで制限レベルが違うのでご自分の町のサイトなどを見る事をお勧めします。災害警報アプリ NINA (ニーナ) でも制限レベルや感染者数が表示されます。クリック -> NINA

ワクチン手帳 – Impfpass (インプフパス)
ドイツでは皆、黄色いワクチン手帳を持っています。コロナワクチンを含む今まで受けた予防接種の情報が載っています。

ワクチン接種のデジタル証明 (ワクチンパスポート) – Digitaler Impfausweis (ディギターラ・インプフアウスヴァイス)
一部の接種会場ではワクチン接種後にQR-コードがもらえます。それらを専用アプリで読み取り、デバイス上に保存する事が出来ます。ドイツでは接種後15日目に免疫がついたとみなされます。QR-コードがもらえなかった人は薬局でワクチン手帳を見せてQR-コードを発行してもらわなければいけません。発行は無料でしてくれます。一時期、QR-コード発行のシステムにセキュリティーの穴があったらしく、発行がストップされていました。そのため私はQR-コードの発行が予定から10日後にされました。今では発行が可能になっています。入場制限がかかった場所ではケータイに保存されているデジタル証明かワクチン手帳のどちらかを見せれば入場出来ます。

デジタル接種証明アプリ – CovPass App
ロベルト・コッホ研究所により開発されたコロナワクチンのデジタル証明を携帯電話で持ち運び可能にするアプリです。カメラ機能で二つ (Johnson&Johnson社であれば一つ) のQR-コードを読み取り保存できます。

Apple用: こちら
Android用: こちら

ワクチン接種に関するキャンペーン
コロナワクチンの接種を促すキャンペーンが色々と開催されています。その中でも免疫がついてから48時間、つまりワクチン接種から15日目と16日目にハンバーガーセットが無料になるというキャンペーンに参加しました。

キャンペーン

画像をクリックするとレストランのサイトに飛びます。2021年8月31日までのキャンペーンです。(リンクをクリックしたところで私にキックバックとかはありません)

バーガー

ドイツ内にいくつか店舗があるバーガー専門のチェーン店です。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。