ディナーフォーワン

伝統とはそういうものなのかもしれません (とはいってもコントは英語です)

ディナーフォーワン – Dinner for One
ドイツで12月31日と1月1日の早朝に何度も放送される昔のコントです。2020年12月31日と2021年1月1日は公共放送や地方の公共放送局 (NDR, Das Erste, WDR, BR, MDR, rbb, hr, SWR) によって計14回放送されました。ディナーフォーワンはイギリスで1961年(昭和36年) に制作され、イギリス人のコメディアンを起用していますが、イギリスではまったく知られていません。イギリス人のコメディアンによるコントなので会話はすべて英語です。コントの内容がドイツのプロデューサーに気に入られ、ドイツでの放送用に1963年(昭和38年)に収録されました。コントの長さは18分で映像は白黒です。色付きバージョンも存在します。ドイツ人なら誰でも知っていて毎年何度も放送されているので、コントのセリフを覚えている人が多いです。ドイツ語圏のスイスやオーストリアでも放送されています。毎年テレビで放送される様になったのは1972年(昭和47年) 以降です。

友人クララと違い、ディナーフォーワンを知っているが見ない若者も一部います。

興味がある方はこちらで見れます。簡単な英語なので分かりやすいと思います。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。