花火の取り扱いには気を付けよう

花火 (Feuerwerk, フォイアーヴェアク)
一般人が年末に上げていい花火は “花火クラス1” と “花火クラス2” です。花火の箱にクラス1の花火には “P1″、クラス2の花火には “P2” と書いてあります。花火クラス1に入るのは線香花火や漫画に出てくる机花火です。花火クラス2に入るのはロケット花火など空高く上がるものや、爆竹です。特別な許可を取っていない場合は、ドイツで花火クラス2を上げていいのは12月31日と1月1日だけです。花火クラス1は12歳以上の人が購入でき、いつでも花火が出来ます。花火クラス2は12月29日から12月31日の間だけ18歳以上の人が購入できます。今年のように12月29日が金土日のどれかになると、一日早く28日から販売がスタートします。

ネットでは東ヨーロッパから入って来た違法の花火も売られていたりします。これらは法律で定められた量を上回る火薬が入っていたり、安全が確保されていない代物だったりします。安全な商品には正規品であるというCE-マークが入っています。毎年、花火による火事の被害や負傷者が多く出ています。

Tischfeuerwerk (ティッシュ・フォイアーヴェアク)
年中いつでも上げていい机花火だが、机要素はどこにも無い:

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。