私はもめ事に巻き込まれずに無事、小学生時代を乗り切りました

最近ユーチューブでハウプトシューレ推薦しか貰えずハウプトシューレ卒業後、もっと上の学校の卒業資格も必要だと感じて資格を取り直すのにのに時間がかかったという外国人のビデオを見ました。内容は関係ないのですが私の小学校時代を思い出したので今回の漫画を描きました。

小学校 (Grundschule, グルンドシューレ)
ドイツでは小学校は4年制です。その後に行く学校の種類は先生の推薦によって殆ど決まります。ここでも先生に嫌われていたり外国人だと悪い推薦を貰う事があります。私の時代は先生の推薦にかかわらずどの学校も申し込むことが出来ました。申込先の学校が受け入れてくれば入学出来ます。現在では推薦よりいい所に入学するのはほぼ無理になっています。5年生から通う学校全般の事をドイツ語で “weiterführende Schule”(ヴァイターフ―レンデ シューレ) と呼びます。先生による外国出身 (ヨーロッパ以外の子供) の生徒に対する差別や評価の不平がドイツでは存在します。

ドイツの学校では日本とは違いテストの点数よりも授業中の発言数が大事です。過去の記事テストは4割で詳しく描いてあります。

 

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です