エキストラのバイト

タイ人ではないけど、タイの空港にいるタイ人役のエキストラになっています

エキストラ – Komparse (コンパーゼ)
街中でドラマ撮影をしていた時に父がエキストラ募集のチラシをもらいました。応募した結果、空港シーンでエキストラとして採用されました。空港での現地集合後にコロナ簡易テストがあり、陰性の人しか参加できませんでした。撮影中にバリケードを立ててなかったので本物の旅行者がはけるまで待たなければいけませんでした。マスクを外して撮影していましたが、それ以外の待ち時間にはマスク着用義務がありました。
ドイツの空港とタイの空港のシーンを同じ空港で撮影しているので、私はドイツとタイの空港のシーン、どちらの背景にも同じ服で映っています。私が参加した現場では撮影よりも待ち時間のほうが長く、楽な仕事でした。食べ物と飲み物が無料で提供されていたので待遇も良かったです。撮影現場を専門に食べ物を提供する会社が大きいキッチンカーで料理を出していました。待ち時間の間はいつでも食べ物と飲み物が提供されている状態でした。

美術 (小道具)
可能な方は車の提供とスーツケースの持ち込みをするようにと募集のチラシに書いてありました。ほかのエキストラの人たちに聞いた所、ドイツではエキストラの人が持ち込んだ物を使う事が多いらしいです。車を提供した人はプラス15€が支払われました。その他の持ち込みに対するプラスの支払いはありませんでした。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。