ドイツのフルーツティーは甘い匂いがするのに味が酸っぱくて騙されました

Arzneitee (アーツナイテー, 医薬効果のあるお茶)
色々な効き目がある数種類の薬草をブレンドしたもので普通の薬草茶よりも効き目が強いです。

例えば:
Erkältungstee (エアケルトゥングステー) = カゼ用のお茶,
Hustentee (フ―ステンテ―) = 咳用のお茶,
Nieren-Blasentee (二―レン-ブラーゼンテ―) = 夜尿症のお茶 等です。

アーツナイテ―は普通のハーブティーよりもすこし値段が高いです。
私の買った喉の痛さに効いたものもアーツナイテ―です。 格安スーパーで安く買ったので20袋が99セントでしたが普通はもっと値段が高いです。

Kräutertee (クロイターテー)

ハーブティーのことをドイツではクロイターテーといいます。よくドイツ人が飲むのは:
Hagbuttentee (ハーゲブッテンテー, ローズヒップ茶) ,
Salbeitee (ザルバイテ―, サルビア茶) です。
ドイツのサルビア茶の元となるサルビアは赤ではなく青紫です。

ドイツではハーブティーがよく飲まれていますが嗜好品の中ではコーヒーが一番人気です。私はやっぱり緑茶と麦茶が一番好きです。しかしドイツのお店で売っている緑茶はビミョウな味なので日本食のお店で買う事をお勧めします。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です