成績事情1

ノリで成績を決める先生は一定数いました

おまけ

成績事情
ドイツの学校ではテストの点数よりも授業中の発言内容や頻度が成績に影響を及ぼします。自身の考えや主張を述べることが重んじられているからです。しかし、授業中の発言の良し悪しなど先生の主観的な評価であるため、ゴマをすった生徒が優遇される現場を数多く見てきました。授業の発言に対する成績は mündliche Note (ミュントリッヘ・ノーテ) と呼ばれています。高校になるとテストの重要性が上がり、成績の半分以上になります。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。