浮浪者の儲けが少ない。。。

浮浪者 (Obdachlose, オップダッハローゼ)
スーパーの前でよく立っています。高級店の前だとガードマンに追い払われるので、街中だと道の端に立っています。目の前にカップを置いて座っている人もいれば、新聞を売っている人もいます。

浮浪者ビジネス
浮浪者でもないのに、人からの施しをたよりに生きている人が一部います。同情を得るために、障害を患っているフリをしたりもします。そしてより多くのお金をもらうために子供を立たす人も出てきました。今では、一部の州で子供を立たすのが禁止されました。こういった浮浪者のフリをしている人達は東ヨーロッパの犯罪組織一員であることが多いです。ドイツで仕事に就けずこういった犯罪組織の支援の下で暮らすはめになった人達です。

浮浪者が販売する新聞
無料で提供されていないので、浮浪者がまず新聞社か新聞の小売店から買い取らなければいけません。中には売上数が多い (月400部以上の売り上げ) 浮浪者を、正社員として雇う所もあります。アルコール依存者や麻薬中毒者は売り子にはなれません。月に一回のペースで発行している所が多いです。新聞社が浮浪者を支援している体裁で、利益を得ている気がします。

(新聞社の言い分): 自分達のおかげで、浮浪者は普通の人と同じ生活リズムを取り戻す事が出来ます。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です