外食する場合は小さい額の紙幣を持って行きます

チップ (Trinkgeld, トリンクゲルト)
日本の旅行ガイドブックによるとドイツではチップは払わなくていいとなっているものもありますが、飲食店で座って食べる場合は私が知っている人のほとんどがチップを払っています。漫画で描いているように、テイクアウトの場合はチップは払っていません (サービスが無いから)。例えば同じアイスでもテラスなどに座らず持って帰る場合はチップはいりません。ファーストフード店 (ハンバーガ―ショップ)では座ってでもチップを払う必要はありませんが、稀にチップを渡す人もいるらしいです(友人クララ談)。

チップのための小銭が無い人はカード決済をすればチップの額が好きに選べます。

 

 

 

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。