転売

逆に犯人が分かりそうですが、取り締まられません

転売 – Weiterverkauf (ヴァイターフェヤカウフ)
ドイツでは高額転売そのものは法律で取り締まられていません。しかし、人の緊急事態に付け込んで法外な高額を請求する事は禁じられています。1年前はマスクを買わなければいけない状態でなかったので、高くマスクを売っても問題はありませんでした。今では外出時にマスクが必要な緊急事態になっているのでほとんどの販売サイトが高額販売を取り締まっています。

某ファーストフード店の転売や横流し
今回のグラスの件以前にも限定商品が一般販売より前にオークションに出回っているのを見た事があります。年末に行われるクジの当たり商品が売られていたり、販売スタート日にグラス全色セット6種類が売られているのを見ると内部の人の横流しの可能性が高そうです。某ファーストフード店でアルバイトした事がある友人クララによるとこういった横流しは店舗ごとグルでないと難しいそうです。クララが勤めていた店舗は勤務時間がブラックでしたが、商品の不正横流しはなかったそうです。日本では炎上 -> 犯人捜し -> 謝罪会見になりそうな話ですが、毎年オークションに横流しらしき商品を見かけるので未だ店内での対策は練ってなさそうです。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。