ヴィルドパーク

ウェットティッシュの携帯が必須です

Wildpark – ヴィルドパーク
ドイツにいくつも存在するヴィルドパークでは在来の野生生物が広いパークで飼われています。漫画でも紹介した通りアルパカ等の外来種もたまにいます。しかし、従来の動物園にいるような動物はいません (象、キリンやライオン等)。主に鹿がいますが、他には家畜もよくいます。森の中に建てられていることが多く道も舗装されていない泥道です。そのため、雨が降るとベチャベチャになり、冬には泥の中の水分が凍って滑りやすくなっています。
有料のパークだとトイレがありますが無料のパークではトイレがないので手が汚れても洗うことが難しいです。

餌を待つ羊たち

カップから餌を食べる羊

ポニー

この日は雨が降っていました

餌を待つロバ

牛柄の羊

面白い角のヤギ

餌を食べる子牛

大人の牛

水を飲む牛

アルパカ

鹿

神っぽい個体

年末に友人達と北ドイツに行っていた時のヴィルドパークの写真。入場料は無料でした。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。